HOME>よくある質問
よくある質問

Q:文系でも大丈夫でしょうか?

A:大丈夫です!

但し、学院側からの要望があります。それは、「歯科衛生士に何が何でもなる!なりたい!」という強い情熱と熱意です。
「歯科衛生士になれるようよろしくお願いします」ではなく、「自ら歯科衛生士になる!」という前向きな姿勢があれば、美萩野保健衛生学院は、歯科衛生士教育のスペシャリストとして、文系学生も受け入れ、歯科衛生士へと導きます。
 進路は、前途有望なみなさまの未来を左右する分岐点です。保護者の方、進路の先生、 先輩方に相談しましょう。歯科衛生士に限らず、何事も、ひとつの事を追求しなし得るには精神力も必要です。情熱と熱意を持った方の受験をお待ちしております。



Q:なぜ2007年4月より3年制になったのですか?

A:法令により、歯科衛生士養成所の修業年限は3年以上になりました。(2005年4月より従来の2年生以上から改正。経過処置期間は2010年3月までの5年間)。
従って、2010年3月までに、歯科衛生士養成所は全て3年制になりました。本学院は、2007年1月に厚生労働省より3年制の認可を受け、2007年の新入生から3年制としてスタート致しました。

Q:美萩野保健衛生学院を卒業するとどうなるのでしょうか?

:歯科衛生士国家試験の受験資格が得られます。
試験を受け合格し、歯科衛生士の国家資格を取得することになります。そして、歯科医院、または総合病院の歯科に勤務しますが、その就職については、学生自ら選択できるように、その支援体制を確立し、正確で豊富な求人情報により、就職を決定しています。
 歯科医院は、近代的医療機関として、ますます変容しつつあります。その中で、自立

する女性として誇りを持って働くことになります。

Q:歯科衛生士免許は 国家資格ですか?

:その通りです。歯科衛生士法の第3条に「歯科衛生士になろうとする者は、歯科衛生士国家試験に合格し、厚生労働大臣の歯科衛生士免許を受けなければならない」と明確に規定されている厳格な国家資格です。 なお、歯科衛生士(Dental Hygienist)と

歯科助手(DentalAssistant)が混同されますが、歯科助手はこのような法律的な資格はありません。


Q専門士とは?

:専修学校設置基準の一部を改正する省令(平成6年文部省令第14号)が公布され、「専修学校の専門課程の修了者に対する専門士の称号の付与に関する規定」が文部省告示第84号をもって定められました。よって卒業証書に文部大臣告示(平成6年文部省告示第84号)により、専門士(医療専門課程)と称することを明記することができます。


Q:将来の見通しと就職状況は?

:近年、生活環境の改善や医療の進歩により、わが国の平均寿命は世界有数の水準に達し、人口の急速な高齢化および疾病構造が変化しています。

 歯科衛生士のおもな職場は、歯科医院や病院歯科ですが、治療から予防へと疾病対策の理念が変わる中、医療・保健・福祉の融合により、歯科衛生士の活動範囲も地域住民のための歯科医療へと広がりを見せています。

 訪問歯科診療や介護保険法の制定により、歯科疾患の予防や患者様自らの健康作り(ヘルスプロモーション)の援助者として、歯科保健指導への期待も高い職種です。このように、有資格者として専門性の高い歯科衛生士は、求人数も多く100%の就職率を誇っています。


Q歯科衛生士と、歯科助手の明確な違いは何ですか?

歯科衛生士と、歯科助手の明確な違いは、一言で申しますと、国家資格であるか、民間資格であるかの違いです。どちらの進路をとられても、歯科医療 の重要な仕事であることは、変わりませんが、 歯科助手の資格では、法律的に 患者様の口腔内を直接さわることは 出来ません。 長年歯科医療に携わった歯科助手の方も 美萩野保健衛生学院で、歯科衛生士をめざして頑張っています。


Q歯科衛生士はどのような 職種ですか?

:医療の場で、女性に門戸の開かれた専門職です。その特徴を生かし、能力を発揮できる職業です。その業務とは、

  •  1.歯科予防処置を行うこと。
  •  2.歯科診療の補助を行うこと。
  •  3.歯科保健指導を行うこと。
ですが、歯科予防処置、歯科診療の補助及び歯科保健指導の仕事は、法令で定められ、歯科医師と歯科衛生士以外の者には許されていません。したがって患者様から感謝されるとともに、 やりがいのある職業です。

1 2 3
  • オープンキャンパス・学校見学
    興味を持たれた方は、今すぐ学校見学!来て見て、触って、歯科衛生士のお仕事が理解できますよ!
    オープンキャンパス申込み 学校見学申込み

    資料を請求する
  • 美萩野保健衛生学院はAED設置校です
  • 在校生のみなさんへ
  • OGのみなさんへ
  • 開業医様へ